法人カードを使って経費を支払うと、振込手数料の節約できるとともに、けーりのルーチン業務が大きく簡素化されます。 ポイントシステムも、経費節減の一環になります。 また、付帯するサービスを利用して、福利厚生を充実させることができます。 特に、付帯する損害保険制度は、現金決済ではありえないレベルの補償が付いてきます。 法人カードの導入することは、対外的な信用にもつながります。 経費節減、経理事務の簡素化、福利厚生の充実などの観点から見ても、時代の流れともいえます。

このサイトでは法人カード選びの参考になるようにおすすめの法人クレジットカードや審査についてなどの情報をまとめているのでぜひ、役立ててください。

おすすめ法人カードランキング

オリコ・エグゼクティブ ゴールド フォービズ
オリコ・エグゼクティブ ゴールド フォービズ

・Visaビジネスオファーで宿泊、セキュリティ、レンタカー、国際輸送サービスなどのビジネスシーンでご利用いただける各種割引・サービスが充実。
・初年度年会費無料(次年度2160円)!個人事業主・法人代表者の方専用のビジネスゴールドカード
・個人カードと使い分けることで、月々の経費管理の効率化を実現するビジネスゴールドカードです!
・海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピングガード、カードの紛失・盗難保障付きと各種保険・保障もしっかりと付帯。

年会費 ETCカード 評価
\2,160(初年度無料) 年会費無料 評価5

JCB法人カードゴールド
JCB法人カードゴールド

・海外旅行傷害保険の補償額の最高は1億円であるので、万が一のアクシデントはもちろん、病や外傷、所持品が破損したりした時なども保証が利いていて安心です。
・ショッピングカード保険で補償してくれる最も高い額は300万円であるため、ゴールド法人カードで買い求めた商品が壊れたり・盗まれたりしても補償してくれていて頼りになります。
・この会社のゴールド法人カードを利用することで、ポイントがいつもより20倍ポイントアップになるため、最低10,000円のカード使用により生じたポイントからでも、JCB利用者のためのネット上のショップから、色々な製品と簡単に交換ができます。

年会費 ETCカード 評価
\10,500(使用者追加ごとに\3,150) 無料で発行 評価5

セゾンカード
セゾンカード

・一年で200万円以上カードを使用することで、年会費が値引きされ、翌年分が10500円になるため、年会費は一般的なゴールドカードより値段が低く、サービスはゴールドカード以上となっており非常にコスト的に優秀です
・買い物や携帯電話の契約、レンタカーや宅配サービスの活用、さらに通信講座の受講料まで割引が利くため、ビジネスで使用するあらゆるサービスに優遇が利いています。
・世界中にあるビジネスラウンジで、ドリンク無料になったりインターネット回線を使えるなどの特典があるリージャス ビジネスワールド ゴールドメンバーシップ会員の初年度年会費を無料にします。

年会費 ETCカード 評価
\21000 年会費無料 評価5

アメックス・ビジネスカード
アメックス・ビジネスカード

・インターネット上で不正に使われることにより生じた損害を全額補償します。
・損傷したりや盗まれたりした時などの損害を年間を通じて最高額500万円まで補償します。
・ビジネスシーンでよく用いられる宅配サービスやレストランなどでの割引の特典があるので、よくカード決済する人には、キャシュで勘定するより特典が付く分お得です。

年会費 ETCカード 評価
27300円 \525 評価4

法人カード選びの基礎知識

法人カードの種類
法人カードには、「ビジネスカード」と「コーポレートカード」の2種類があります。 「ビジネスカード」は、カードの利用者が少ない個人事業主や中小企業向けに発行されるクレジットカードです。 「コーポレートカード」は、 大企業向けに発行されるカードで、諸経費の決済が使用目的となるので、カードの発行枚数が多くなります。

法人カード審査基準
法人クレジットカードの審査基準は厳しく、簡単に発行してはもらえません。 法人の場合、従業員用のカードも複数枚存在するので、利用額が非常に大きくなります。また、企業には「倒産」のリスクもあります。そのため、審査基準が厳格にならざるを得ないのです。 帝国データバンクや東京商工リサーチなどの調査機関の情報をもとに審査をし、さらに事業主の信用情報も調査します。カード利用枠が大きい場合、決算書などの資料提出が求められることもあります。

法人カード年会費
ビジネスカードは、個人事業主や中小企業から大企業まで、さまざまな企業が利用します。そのため、カードの機能やサービスも数多く存在します。 年会費についても、年会費が不要のカードから年会費が3万円程度というカード会社があります。 年会費が安ければそれに越したことはないのですが、その分、利用枠が限定されたり、利用限度額も低く設定されます。 年会費の高いカードには、それに見合った機能とサービスが付いています。

選び方
一般のカードと石油会社系のカードがあります。 一般カードはクレジットカード加盟店全般で利用できます。石油会社系カードは指定されたガソリンスタンドで利用することができます。 どちらも「子カード」を申し込むことができ、カードを利用する社員の枚数だけ発行が可能です。石油会社系のカードは、車両の数だけ子カードを発行することもでき、子カードには車両番号が記載されます。利用明細には、利用日、利用金額および車両番号が記載されるので、車両単位での支払額も把握できます。公用車にかかる費用をカード払いにすることにより、車両単位および公用車全体にかかる経費も容易に確認できます。公用車の利用が多い会社にはお勧めのタイプです。

TOPページはこちら

法人カードの徹底比較

おすすめ法人カード

おすすめ法人カード2

おすすめ法人カード3

おすすめ法人カード4

サイト情報について